帯を二部式に

名古屋帯を二部式の帯に仕立て替える手順をご紹介します。

1本の名古屋帯を、二枚に裁ち『二部式のつくり帯』に仕立替えをします。

胴に巻く部分を『前帯』、背中に乗る部分を『お太鼓(たれ)』と呼びます。

お太鼓部分の長さ(写真:手前側)をとり、二枚に裁ちます。

奥側が前帯、手前がお太鼓部分。

『前帯』をつくります。『手先』に当たる部分を切り落とし、両端を整えます。

布端は内側に折込み、コテ(アイロン)をかけて押さえます。

帯を締めるときに使う紐を作ります。

『前帯』の両端に、それぞれ1本ずつ挟んで縫付けます。

できました。

次は『手先』を作ります。

 

 

『手先』ができました。アイロンをかけて整えます。

お太鼓の形を作ります。

お太鼓の内側に『手先』を通し、余分な部分は裏に折り返します。

お太鼓を裏側から見たところ。

『手先』を『お太鼓』に縫いつけます。

『お太鼓』と『手先』のセットもできあがりました。

完成です。

 

 

ご注文、お見積り、お問い合わせは...

メール・お電話でご連絡ください。

ご依頼内容やお届け日程などの確認とご案内の後、

お仕立てとなります。

 

ご注文手順の詳細はこちら ご注文手順

 

針箱へのご連絡はこちら

 

        電話   :080-4332-5838

        営業時間:(水休)                      

            月   10:00ー21:30

            火木金 10:00ー18:00

            土日祝 10:00ー15:00

                         

               メール:mail@halibako.org

 

        フォームからもメール送信ができます。

            お問い合わせフォームへ

   

当サイトの全ての画像およびテキストは無断転載禁止です。
copy right(c) reve couture all design&photo All Rights Reserved.