半てんの綿入れ

少し前までは、綿入れ半てんの綿入れも各家庭で行われてきましたが、

今は目にする機会も減りました。

弊所での作業風景を写真でご紹介します。

 1.半てんは裾で折り返して仕立てます。

 表地と裏地が輪の状態で繋がっています。

 

 お仕立てができたものを、

 うつぶせの状態に伏せて置きます。

 

 2.上から真綿をすっぽりとかぶせます。

  綿はシート状になっています。

  

 

 3.はみ出した部分を裁ち落として形を整えていきます。

 

 4.裾線に合わせて、前身頃側を折り上げます。

 

 5.前身頃側を広げ、こちらの面にも綿を入れていきます。

 

 6. 袖の形に合わせて綿を裁っています。

 

 7.継ぎ目の部分の綿をほぐし繋いでいきます。

 

 8.身頃の綿入れ。

 均等になるように整えます。

 

9.反対側の袖も整えます。

 

 10.袖に手を入れて、表に返します。

  ここからがちょっとした見せ場です。

 

11.袖をひっぱりだしているところ。

 

 12.返りました!

 

 13.身頃も表に返します。

 

 14.肩と裾を引っ張り、綿の位置を整えます。

 

15.綿入れ作業は完了です!

 16.続きまして細かい作業。

 中の真綿が動かないようにしつけをかけます。

   画像は背。

 17.綿が落ち着いた状態になったら、押さえをします。

     縫い目部分を利用して、外から見えないように
     糸で真綿を縫付けます。

 18.衿や袖口など口の開いている部分を綴じていきます。

19.形ができあがりました

 20.綿入れ半纏の掛衿は、共布で作ることもできますが、

  汚れや傷みの気になる場合は、黒掛衿や別珍掛衿も

  ご用意しております。

  

 

 

 

 

21.できました!

 

 

 

 

 

22.内側はこんなかんじ

こちらで、一連の写真をスライドで見ることができます

 

ご注文、お見積り、お問い合わせは...

メール・お電話でご連絡ください。

ご依頼内容やお届け日程などの確認とご案内の後、

お仕立てとなります。

 

ご注文手順の詳細はこちら ご注文手順

 

針箱へのご連絡はこちら

 

        電話   :080-4332-5838

        営業時間:(水休)                      

            月   10:00ー21:30

            火木金 10:00ー18:00

            土日祝 10:00ー15:00

                         

               メール:mail@halibako.org

 

        フォームからもメール送信ができます。

            お問い合わせフォームへ