切らないつくり帯

”切らないつくり帯”は、畳んでお太鼓の形を作り、縫付けて整えてある帯です。

裁断をしていないため、将来的に体型が変わったり、どなたかにお譲りするときには

再び解いてお使いいただけます。

 

使い方は簡単。

前帯を巻き付け付属の紐で結び、帯枕を入れて帯揚げと帯締めするだけです。

お急ぎのときや、手を後ろに回すのがつらい方でも簡単にお太鼓が結べます。

 

少し長めで締めにくい帯にもいいですよ。

余分な長さを、見えないところで縫付けて調整してしまうので無理にお太鼓に突っ込んだり、

手先を畳み込む手間も省けます。

 

また、位置を決めるのが難しいポイント柄の帯も、これなら迷うこともないですよ。

お仕立ての時に、ポイントの位置やお太鼓の大きさなどご希望をお聞かせくださいませ。

 

 

裏から見てみると、こんなかんじ。

この紐で前帯を締めます。

 

紐は新モスと呼ばれる、目の細かい木綿の生地を使って、

手縫いでおつくりしています。

お色のリクエストもどうぞ。

ご希望に近い色を使うようにいたします。

 

前帯を巻いた状態にすると、こうなります。

左右の紐を前で結びます。

前帯のポイントも、好みの位置にきています。

 

右側の部分は手先になります。

途中の畳んであるところで、長さを調整し、

縫付けてあります。

お太鼓の中にかくれますので、締めると見えません。

 

 

 

 

お太鼓に手先を通します。

 

 

できあがり。

お太鼓はこんなかんじ。

手先は縫付けていませんので、ご自身で多少の調整を

することができます。

 

ポイントの位置(お太鼓は上下・前帯は左右の配置)、

たれの長さも、お好みに合わせてお作りします。

  

 

作業工程をスライドでご紹介

ご注文、お見積り、お問い合わせは...

メール・お電話でご連絡ください。

ご依頼内容やお届け日程などの確認とご案内の後、

お仕立てとなります。

 

ご注文手順の詳細はこちら ご注文手順

 

針箱へのご連絡はこちら

 

        電話   :080-4332-5838

        営業時間:(水休)                      

            月   10:00ー21:30

            火木金 10:00ー18:00

            土日祝 10:00ー15:00

                         

               メール:mail@halibako.org

 

        フォームからもメール送信ができます。

            お問い合わせフォームへ