二部式着物

二部式着物とは、腰の位置で上下衣に分かれた着物のこと。

お手持ちの着物を利用してお仕立てできます。

 

針箱では二部式スタイルの二種類をご用意しました。

帯を締めれば、いつもの着物姿になる二部式着物と

帯なしスタイルで気軽にお楽しみいただける、お気軽二部式着物があります。

 

腰の部分で2つのパーツに分かれていますが、

見た目はふつうの着物姿になります。

 

着付の際におはしょりの長さを
気にする必要はありません。
上下に分かれている部分は、
ちょうど帯(お端折)の下になります。
 
着付をする時間がない時などにも
簡単に着ることができますので、
旅先に持っていくのにも便利ですよ。

 

上下各身丈やお端折の位置・長さなどは

ご希望をお伺いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは気軽に楽しんでいただけるスタイル。

上衣は袖の短かい上っ張りのタイプです。

 

昭和20年代後半〜30年代に人気のあったスタイルなのだそう。

これに割烹着をかけて家事をしていました。

 

このタイプは上衣は紐がつき、

帯もしないので、着るのがとても簡単です。

 

 

 

 

ご注文、お見積り、お問い合わせは...

メール・お電話でご連絡ください。

ご依頼内容やお届け日程などの確認とご案内の後、

お仕立てとなります。

 

ご注文手順の詳細はこちら ご注文手順

 

針箱へのご連絡はこちら

 

        電話   :080-4332-5838

        営業時間:(水休)                      

            月   10:00ー21:30

            火木金 10:00ー18:00

            土日祝 10:00ー15:00

                         

               メール:mail@halibako.org

 

        フォームからもメール送信ができます。

            お問い合わせフォームへ