柄合わせ、絵羽柄について

◎絵羽柄について

 

絵羽柄は、染織の際にすでに裁ち位置に合わせて柄が配置されております。

着物でいえば、訪問着の柄おきが該当します。

 

難しいのは繋がり部分(左右の背や前身頃と衽など)の調整です。

染色や織りの際に発生するずれを合わせ、絵柄がきれいに出るように整えながら

仕立てるのは技術が必要な作業となります。

 

 

◎柄合わせについて

 

お仕立ての際には、それぞれの柄の配置を考えて、裁ち位置を決めていきます。

この作業を柄合わせと呼びます。

 

無地や細かい柄のものには必要のないものですが、その他のほとんどの場合には

この作業をしてから生地を裁ち、縫製していきます。

柄合わせは、柄によりその作業にかかる時間は大きく異なります。

 

場合により数時間かかるケースもあり、

複雑な組み合わせを必用とすることもございます。

 

柄合わせの難しいものの例は次のとおりです。

以下の条件でも、色合せがはっきりしていないもの(同色の濃淡など)の場合には、

あまり気にしなくて良い場合もあります。

 

該当するものであっても、特に柄合わせをしなくて良い場合には、

その旨お申し付けくださいませ。追加料金なしにて承ります。

 

・飛び柄  間隔の長いもの   柄の間隔が35cm以上離れているもの

 

・大柄   大きいもの     反物幅いっぱいで一つのモチーフのもの。

 

      間隔の長いもの   モチーフが大きく(20cmくらいあるもの)

                柄の間隔が35cm以上離れているもの

 

・縞    縞幅の太いもの   幅2cmを超えるもの

 

      多色使いのもの   同色の間隔が7cm以上のもの

 

・市松格子 格子の大きいもの  格子の一辺が3.5cmを超えるもの

 

 

以上の作業につきましては、必要な場合にのみ施されるものですので、

それぞれご料金を分けてご案内をさせていただくことになりました。

(基本のご料金はご利用いただきやすくさせていただきました。)

 

絵羽柄・・・プラス¥2,000

柄合わせの難しいもの・・・プラス¥1,000

 

その他、特殊な柄合わせのものなどにつきましてはご相談のうえ対応させていただきます。

お見積りいたしますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

 

ご注文、お見積り、お問い合わせは...

 

メール・お電話でご連絡ください。

ご依頼内容やお届け日程などの確認とご案内の後、

お仕立てとなります。

 

ご注文手順の詳細はこちら ご注文手順

 

針箱へのご連絡はこちら

             電話   :080-4332-5838(AM10:00~PM20:00)

                    メール:mail@halibako.org

 

             フォームからもメール送信ができます。

                 針箱メールフォームへ