丸洗のこと 洗張りのこと

丸洗のこと

丸洗は着物のドライクリーニングです。

しばらく着ないなというときにしておくと安心です。

汗抜きなども承ります。

 

普段は丸洗いでのお手入れを続け、

お仕立て(仕立直し)から5年を目安に、洗張りをしておくと、

長い間美しくお召しいただけます。

 

洗張りとは

着物をほどき反物と同じ状態にした生地を、水と専用の洗剤で洗うことをいいます。

 

袷着物を洗い張りする場合には、着物の表地、裏側の胴裏、八掛に分け、  

さらに全て縫ってある部分をほどいてから洗います。 

 

そのため、着物の繊維の間や、内側に入り込んだ汚れなどもすっきり落ちますので

生地が生き返ります。

 

☆洗い張りについてブログに書いたものがございます。   

 よろしければご参照くださいませ。    

   針箱ブログ 洗い張り - 米ぬかとウグイスの糞    

 

 

洗張りをしたら...

お仕立て直し 

      ・着物から着物はもちろんですが、着物から羽織・コート・半纏、

   羽織からコート・帯など、様々な仕立て替えも承っております。

   寸法や生地の状態などと合わせてご相談くださいませ。  

 
  ・寸法を変えることができます。  

 

  ・汚れ箇所、傷み箇所などを見えない部分や目立たない部分と

   配置換えすることもできます。   

    *裁ち済みの生地ですので可能な範囲での対応となります。  

  

 保管    

   すぐにお使いにならない場合は、お着物と同じように、

   湿気や光を避けて保管ください。