☆ 採寸のしかた

お仕立てやお直しをするときは、ご自身の寸法が基準となります。

寸法表などをお持ちの方は、ご依頼頂いた際にお伺いいたします。


またサイズの合ったお着物や浴衣をお持ちの方は、

お品物とともにお預かりして、寸法をお測りいたしますす。


初めて仕立てる方や、どちらもお持ちでない方、

寸法を改めて取り直したい方は、採寸をいたします。


弊所でも行っておりますが、ご自身でも測ることができますので、

手順をご紹介いたします。


初めに裄寸法。

うなじにある骨のぐりぐり→肩先→手首のぐりぐり。

斜め下に手を下げて計ります。

訪問着や留袖、振袖など礼装の場合は

手首のぐりぐりが隠れるくらいが良いとされています。

また、浴衣や紬などの普段着の場合は、短めのほうが粋な雰囲気になります。


着物の長さは”身丈”、”着丈”といいます。

身丈は着物の出来上がり寸法、着丈は着用時の寸法です。


女物やお子様物は、身丈がお端折り分長くなります。

お端折りの長さは決まりがないため、調整には便利ですが、

”つくりお端折り”や”腰揚げ”をする場合には、着丈が必要になります。

着丈は、うなじのぐりぐり→お好みの裾位置まで。

一般的には足首くるぶしが隠れるくらいを目安としています。 

また男物の場合は、お端折りがないため、ほぼ着丈と身丈は同じになります。

 

とはいっても、人の身体には厚みがありますので、

図のように測った着丈に足し増しをします。

 

肩や胸まわりが張っている方や、お腹やお尻がふくよかな方など、

体型に合わせた割出しが必要となります。

 

ご来所いただいて採寸するときには、

サンプルをご着用いただき、比較して足したり引いたりという具合に調整しています。

 

同じようにお手持ちのものから、

”ここを◯cm長く”、”巾は◯mm狭く”などご指示頂くと分かりやすいです。

女性の方も同様です。 

 

 

ご自身で寸法をお測りいただく場合は、上記の裄、着丈(必要な場合のみ)に加え、

身長、バスト、ウエスト、ヒップ寸法をお伺いしております。 

身巾なども寸法に合わせてお仕立てするためです。 

 

控えめにご申請いただいてしまうと、

巾が合わずに着にくくなったり、はだけてしまうことも。

ご自分に合った寸法できりっと着こなすほうが、すっきり見えますよ。

 

 

最後に。

ご自身の基準となるお着物寸法を決めておきましょう。

下に着る長襦袢も、上に着る羽織やコートも、

寸法が揃っていると着心地よく見た目も美しいものです。

 

 

*ご案内*

弊所では、採寸と寸法表の作成も承っております。

お着物(浴衣も同じです)の寸法表を一度作成しますと、

その他のものはこれを元に割出すことができます。

 

体型が大きく変わらない限り 、全てのお仕立て・お直しにお使いいただけます。

 

ご料金は¥800です。ご予約のうえ、ご来所くださいませ。 

 

ご遠方の方につきましては、

指定箇所の寸法をご自身でお測りいただき、

それを元に割出して寸法表を作成いたします。

 

寸法表は弊所にて管理するほか、

お客様のお手元にも置いていただけるようお渡ししております。