☆裄寸法について

 

反物の巾や生地の状態によっては、お仕立てやお直しの依頼をしたときにご希望の寸法が出ない場合があります。

 

該当する寸法で、一番多いのが”裄(ゆき)”です。

 

裄とは、着物の背中にある縫い目 ”背縫い”から、手首の出る袖口までの寸法のことを表しています。

着物の各名称参照

 

裄は2つのパーツを含んでいます。

1つ目は後身頃(片側)の肩山部分の幅 ”肩巾(かたはば)”、

2つ目は”袖巾(そではば)”です。

この2つの巾を足したものが”裄”となります。

 

 

写真からお気づきのとおり、身頃、袖、それぞれ反物1巾ずつが使われています。

着物は反物の巾をお客様の寸法に合わせて調整してお仕立てをするのです。

 

反物から取れる最大限の裄寸法は、反物の巾2枚分から縫代を除いたものになります。

 

縫代には布の耳も含みます。

耳は反物によりその巾が異なります。

(絵羽の場合は、絵や色の途切れた部分から外側が耳となります)

 

縫代は反物の片側で最小で3分(1cm強)、反物両側で6分(2.5cm)以上が必要となります。

 

例えば、巾1尺(38cm)の反物を使用する場合の最大に出来る裄寸法は

 

 反物1巾分の最大寸法:1尺(38cm)ー 縫代:6分(2.5cm)

           =9寸4分(35.5cm)

 

 最大裄寸法:     9寸4分(35.5cm)×2

           =1尺8寸8分(71cm)

 

71cmまでのお仕立てができるということになります。

 

 

注意が必要なのは、反物によって巾が違うということです。

弊所にある反物で比べても巾が4センチも違うものがあり、最大限に仕立てても裄寸法が8センチ近くもの差が出てきます。

またお直しの場合、最初の縫い目などが弱っていると縫代を多く取る必要が出てきます。

 

このようなことから、実際に裄寸法は以下のことを考慮して決めていきます。

 

・袖幅・肩幅のバランス

・反物の巾

・生地の状態

・長襦袢・羽織やコートと合わせたい場合の兼ね合い

・染織などの柄の位置

・お直しの場合には裏地との釣り合い

 

一箇所の寸法であっても、全体のバランスを取りながら仕立てたり直したりするのが着物の特徴です。

 

ご自身ではご判断が難しいときにはご相談いただくことをおすすめします。