☆丸洗い・洗い張り その他サービス

●丸洗い

丸洗は着物のドライクリーニングです。

しばらく着ないなというときにしておくと安心です。

汗抜きなども承ります。

 

普段は丸洗いでのお手入れを続け、

お仕立て(仕立直し)から5年を目安に、洗張りをしておくと、

長い間美しくお召しいただけます。

 

 通常品  締め切り 毎月14日  (休業日の場合はその前営業日まで)

      お渡し  毎月25日以降(休業日の場合はその翌営業日以降)

 

 お急ぎ品 別途手数料がかかります 帯:2,500円 着物類:3,000円

 

《参考ご料金》 

 ・訪問着丸洗い ¥4,950

 

●洗い張り・解き洗い

 洗張り・解き洗いとは...

着物をほどき反物と同じ状態にした生地を、水と専用の洗剤で洗うことをいいます。

 

袷着物を洗い張りする場合には、着物の表地、裏側の胴裏、八掛に分け、  

さらに全て縫ってある部分をほどいてから洗います。 

 

そのため、着物の繊維の間や、内側に入り込んだ汚れなどもすっきり落ちますので

生地が生き返ります。

 

☆洗い張りについてブログに書いたものがございます。   

 よろしければご参照くださいませ。    

   針箱ブログ 洗い張り - 米ぬかとウグイスの糞    

 

 《参考ご料金》*着物ほどき・仕立て直しのご料金は含みません。

 ・洗張り 着物表地 ¥4,800

 

洗張りをしたら...

【お仕立て直し】 

      ・着物から着物はもちろんですが、着物から羽織・コート・半纏、

   羽織からコート・帯など、様々な仕立て替えも承っております。

   寸法や生地の状態などと合わせてご相談くださいませ。  

 
  ・寸法を変えることができます。  

 

  ・汚れ箇所、傷み箇所などを見えない部分や目立たない部分と

   配置換えすることもできます。   

    *裁ち済みの生地ですので可能な範囲での対応となります。  

  

【保管】    

   すぐにお使いにならない場合は、お着物と同じように、

   湿気や光を避けて保管ください。

 

☆洗い張りについてブログに書いたものがございます。   

 よろしければご参照くださいませ。    

   針箱ブログ 洗い張り - 米ぬかとウグイスの糞    

 

 

 

●湯のし 湯通し 水通し 他

新しい反物の準備として施されます。

湯のしは蒸気を当てて生地を整えるもの、湯通し・水通しは生地により適正な温度の湯または水を通し、不要な糊を落とし、生地を事前に縮ませることで、仕立て上がりの寸法を安定させます。

 

湯通し・水通しは通常のし機に掛けて仕上げますが、縮ませた生地が再び伸びてしまうことがあるため、弊所では手アイロンにて整えて頂いています。

 

 《参考ご料金》

 ・湯のし     ¥2,000~

 ・湯通し・水通し ¥3,500~

 ・色止め     ¥1,000~